藤原孝章研究室

ホーム >> 海外研修・スタディツアー
2009年度春学期
同志社女子大学現代社会学部 現代こども学科プログラム

海外こども事情A
タイ・スタディツアー 報告書
(2009年8月17日〜27日)

2009年11月
同志社女子大学



2009年度春学期 同志社女子大学現代社会学部現代こども学科プログラム
海外こども事情A タイ・スタディツアー 報告書
目次

■はじめに
 3度目の「海外こども事情」(タイ編)(藤原孝章)

T.事前研修編
 1.海外こども事情A概要(2単位)(PDF 216KB)
 2.参加者名簿
 3.スタディツアー日程
 4.私のテーマ・私の課題(PDF 185KB)
 5.タイ基本情報(1)
  最近のタイ情勢(PDF 421KB)
 6.タイ基本情報(2)
   タイの学校事情
 7.課題テーマ(1)
  タイと観光開発(PDF 283KB)
 8.課題テーマ(2)
   スラム
 9.課題テーマ(3)
  ストリートチルドレン・児童労働(PDF 3,187KB)
 10.課題テーマ(4)
   児童売買・HIV/AIDS
 11.課題テーマ(5)
  チェンマイ YMCAの活動(PDF 8,631KB)
 12.課題テーマ(6)
   エンパワーメントとPRA―参加型農村調査法
 13.参考資料
タイにおける移民労働者:希望の光

U.事後報告編
 1.柏原加奈(4年)「タイスタディツアーを終えて〜YMCA ワークキャンプとの比較、またその支援について〜」
 2.多井中美穂(4年)「様々な支援から見た幸せについて」
 3.谷内晶子(4年)「タイで見た子どもたちの笑顔と様々な幸せの形〜地域の結びつきとの関係〜」
 4.今西智美(3年)「タイで学んだこと〜適切な支援と人との繋がり〜」
 5.梅本文香(3年)「タイ・スタディーツアーの学び〜マイノリティーの子どもたち〜」
 6.川畑有布(3年)「山岳民族の子どもたちの問題と支援」
 7.狩谷菜摘(3年)「タイ・スタディツアーを通して学んだこと」
 8.小西未紗(3年)「タイ・スタディーツアーで学んだこと」
 9.小林史佳(3年)「価値観が変わったタイスタディーツアー」
 10.下村真依子(3年)「10日間の研修で学んだこと〜タイの現状について〜」
 11.西島奈美(3年)「タイの支援と啓発活動」
 12.廣森実希(3年)「Toolとしてのことば」
 13.山本香織(3年)「支援のあり方」
 14.大谷玲実(2年)「グローバル化によって起きること〜観光・移動を通して〜」
 15.小川乃里帆(2年)「タイスタディツアーを終えて―さまざまな支援と持続可能性」
 16.梶原愛実(2年)「様々な『幸せ』のかたち」
 17.服部理紗(2年)「貧困の輪と支援のあり方」
 18.堀切あおい(2年)「様々な支援の形」
 19.松浦千鶴(2年)「タイで学んだ様々な支援のあり方」
 20.米田智華(2年)「タイで学び、感じたこと」

V.学生による授業評価

■おわりに