藤原孝章研究室

ホーム >> 著書・論文 >>
受賞歴・外部資金助成・科学研究費補助金助成など実績

1.科学研究費補助金 ・外部資金など
(同志社女子大学在職以後)

事項 年月 概要
17. 日本学術振興会・科学研究費補助金の申請・採択(共同研究):研究代表:山西優二・早稲田大学
「多言語・多文化教材の開発による学校と地域の連携構築に向けた総合的研究」
2009年4月
〜2012年3月
2011〜13年度の科研費補助金(基盤研究B一般)の申請を研究代表者として申請し、採択された。

研究代表:山西優二、研究分担:吉村雅仁、服部圭子、岡本能里子、藤原孝章、丸山英樹(5名)
16. 文部科学省「国際協力イニシアティブ」平成22年度教育協力拠点形成事業
【課題名】
フィジー諸島共和国における自然・文化環境保全のためのESDカリキュラム・教材の開発
【実施機関名】
学校法人同志社・同志社女子大学
2010年4月
  〜2011年3月
文部科学省「国際協力イニシアティブ」平成22年度教育協力拠点形成事業(教育研究に関する我が国の経験の活用、持続可能な発展のための教育(ESD)の推進 )において、標記の課題名を実施機関において受託した。

活動実施者(総括)大西秀之、(分担)藤原孝章、石村智、Patrick D. Nunn 、Roselyn Kumar、Sepeti Matararaba (6名)
15. 日本学術振興会・科学研究費補助金の申請・採択(個人研究):研究代表:藤原孝章
「教科構造論と市民性育成論を基軸とするグローバル教育内容改革研究」
2009年4月
  〜2012年3月
2004〜06年度の科研費補助金(基盤研究C一般)の申請を研究代表者として申請し、採択された。

研究代表:藤原孝章
14. 日本学術振興会・科学研究費補助金の申請・採択(共同研究)研究代表:大津和子・北海道教育大学
研究テーマ「日韓中の協働による相互理解のための国際理解教育カリキュラム・教材の開発」
2009年4月
  〜2012年3月
2009~11年度の科研費補助金(基盤研究B一般)の申請を共同研究分担者として申請し、採択された。

研究代表:大津和子 研究分担:森茂岳雄、藤原孝章、多田孝志、中山京子、釜田聡、桐谷正信、服部圭子(8名)。
13. 平成20年度文教協会研究助成金研究(研究代表:金子邦秀・同志社大学)
研究テーマ「世界の遺産から身近な生活文化遺産までを活用した社会系教材開発研究」
2008年4月
  〜2009年3月
 平成20年度文教協会研究助成金研究において、共同研究分担者として申請し、採択された。

研究代表;金子邦秀、研究分担:角田将士、中西仁、藤原孝章、森口洋一(5名)
12.日本学術振興会・科学研究費補助金の申請・採択(共同研究)研究代表;水山光春
研究テーマ「英国市民教育の批判的摂取に基づく小中高一貫シティズンシップ教育カリキュラム開発」
2007年4月
  〜2011年3月
2007〜10年度の科研費補助金(基盤研究B)の申請を共同研究分担者として申請し、採択された。

研究代表;藤原孝章、吉村功太郎、吉田正生、中西仁、池野範男(6名)。
11. (財)科学技術融合振興財団調査研究助成事業における助成金
「イギリスの生涯学習におけるシミュレーション&ゲーミング教材の活用状況に関する調査研究」(継続研究)
2007年2月
  〜2009年2月
科学技術融合振興財団調査研究助成事業にいて、が認められ、助成金を受けた。

研究代表:藤原孝章、研究分担:奥本香(2名)
10.日本学術振興会・科学研究費補助金の申請・採択(共同研究)研究代表:池野範男
研究テーマ:我が国との比較を視点にした英国シティズンシップ教育の計画・実施・評価・改善の研究:地方行政局と大学と学校が連携した教育PDCA開発
2005年4月
  〜2009年3月
 2005−08年度の科研費補助金(基盤研究A。一般)の申請を共同研究分担者として申請し、採択された。

研究代表;池野範男、研究分担:藤原孝章、片上宗二、小原友行、岩田一男、木村博一、棚橋健治、谷口和也、水山光春、吉村功太郎、吉田正生、DAVIES,Ian、McKIN Nicolas, KERR David(14名)
9.(財)科学技術融合振興財団調査研究助成事業における助成金
研究テーマ:イギリスの生涯学習におけるシミュレーション&ゲーミング教材の活用状況に関する調査研究
2005年2月
  〜2007年2月
 科学技術融合振興財団調査研究助成事業において、調査研究が認められ、助成を受けた。

研究代表:藤原孝章、研究分担:奥本香(2名)
8. 日本学術振興会・科学研究費補助金の申請・採択(共同研究)研究代表;水山光春
研究テーマ:社会科公民教育における英国シチズンシップ教育の批判的摂取に関する研究
2004年4月
  〜2007年3月
 2004−06年度の科研費補助金(基盤研究C2)の申請を共同研究分担者として申請し、採択された。

研究代表;水山光春、研究分担:藤原孝章、吉村功太郎、吉田正生、石川誠、DAVIES,Ian(6名)
7. 日本学術振興会・科学研究費補助金の申請・採択(個人研究)研究代表:藤原孝章
研究テーマ:時事的問題学習の単元開発に関する実践的研究?難民、平和、紛争、国際協力を中心に−
2004年4月
  〜2007年3月
 2004−06年度の科研費補助金(基盤研究C1)の申請を研究代表者として申請し、採択された。

研究代表:藤原孝章
6.日本学術振興会・科学研究費補助金の申請・採択(共同研究)研究代表;米田伸次
研究テーマ:グローバル時代に対応した国際理解教育のカリキュラム開発に関する理論的実践的研究
2003年4月
  〜2006年3月
 2003−05年度の科研費補助金(基盤研究B1)の申請を共同研究分担者として申請し、採択された。

研究代表;米田伸次、研究分担:大津和子、多田孝志、田渕五十生、中島章夫、二谷貞夫、二宮皓、樋口信也、藤原孝章、嶺井明子、森茂岳雄、渡部淳(11名)

2.外部資金など
(富山大学在職中)

事項 年月 概要
5.(財)科学技術融合振興財団調査研究助成事業における助成金
研究テーマ:イギリスにおけるシミュレーション&ゲーミング教材の活用状況に関する調査研究−現代的課題の学習を中心にー
2003年2月
  〜2005年2月
 科学技術融合振興財団調査研究助成事業において、調査研究が認められ、助成を受けた。


研究代表:藤原孝章

4.国際交流基金日米センター一般公募助成事業における助成金
研究テーマ:中学校・高等学校における「総合的な学習の時間」の学習プログラムの開発−「ハワイ学」を通した日米理解の促進−
2002年4月
  〜2004年3月
 国際交流基金日米センター一般公募助成事業において、富山大学教育学部総合学習プログラム開発プロジェクトが認められ、助成を受けた。


研究代表:山西潤一、事業担当責任者:藤原孝章
研究分担:古橋政子(3名)
3.委任経理金の助成 1999年9月  2000年3月  デジタルマジック株式会社(現、ジークス株式会社)より教育研究奨励金として委任経理金の助成を受けた。

3.受賞
(報徳学園中学校・高等学校在職中)

事項 年月 概要
2.第22回国際理解教育賞優秀賞受賞(帝塚山学院大学国際理解教育研究所、大阪) 1998年12月  報徳学園高校における国際コース特別科目「国際理解」科目の授業実践論文(「多文化・共生のジレンマ-シミュレーション教材『ヒョウタン島問題』の作成を中心に」)に対して優秀賞を受賞した。
1. 第16回国際理解教育奨励賞最優秀賞受賞(帝塚山学院大学国際理解教育研究所、大阪)
1991年12月  報徳学園高校における国際コース特別科目「国際理解」科目の授業実践論文(「モノからヒトの国際化−外国人労働問題を教える」)に対して最優秀賞を受賞した。