藤原孝章研究室

ホーム >> 著書・論文 >>
口頭発表(自由研究・課題研究発表、シンポジスト、指定討論者、コーディネーターを含む)

(同志社女子大学在職以後)
口頭発表 単/共 発表の年月 発表した学会
57.「資源・エネルギーと環境問題をどう取扱うか」 2012年
2月
 社会系教科教育学会第23回研究大会、於兵庫教育大学、課題研究2コーディネーターとして趣旨説明など
56. 「タイ・スタディツアーにおける構成的学びー同志社女子大学授業科目「海外こども事情」の場合-」 単著 2011年
11月
 日本国際理解教育学会特定課題プロジェクト研究第1回公開研究会、於同志社女子大学、学会が行なう特定課題研究プロジェクト(海外研修・スタディツアーと国際理解教育)における発表。
55.「危機社会と国際理解教育 Risk Society and Education for International Understanding」〔シンポジスト〕(発表題目:危機の二重性と時事問題学習?国際理解教育の視点から)抄録冊子17-35頁 2011年
11月
 韓国国際理解教育学会第12回研究大会、於ソウル国立大学、国際学会シンポジウムにおける発題。日韓中のシンポジストが発表
54. フォーラム3(ラウンドテーブル)「社会科教育の研究と実践の未来を語る」(新領域の教育:法、金融、シティズンシップ、キャリア教育)(ラウンドテーブル発題者) 2011年
10月
 全国社会科教育学会第60回全国研究大会、於広島大学大学院教育学研究科、ラウンドテーブルにおける発題
53.「グローバルシティズンシップと公共性」〔指定等論者〕 2011年
9月
 第19回日本グローバル教育学会全国研究大会、於愛知教育大学、シンポジウム「グローバル・ヒストリーとしての“21世紀初頭”と“2011年”」における指定討論、コメント
52.「〈9.11と3.11〉戦争と災害の伝え方・学び方?時事問題学習の課題-」〔シンポジスト〕 2011年
6月
 日本国際理解教育学会第21回研究大会、於京都橘大学、シンポジウム「「9.11以降の平和教育の課題?グローバル化の下で戦争をどう伝え、どう教え、どう学ぶのか」におけるシンポジストとしての提案
51.「人権教育を基盤にすえた国際理解教育・開発教育 年表解説」 2011年
5月
 (財)世界人権問題研究センター人権教育班研究会、於同センター 第5部「人権教育の理論と方法の研究」部会研究における報告
50.持続可能な社会の形成のために社会科は何ができるか:社会科における認識の総合性と社会参加ー学習単元「フェアトレードと私たちのくらし」の開発を題材としてー 2010年
11月
 日本社会科教育学会第60回研究大会、於筑波大学、シンポジウム「持続可能な社会の形成のために社会科は何ができるか」におけるシンポジストとしての課題研究発表。大会集録冊子 142-145頁
49.シティズンシップ教育における社会参加に関する一考察--教師用書 This is citizenship(Book1)の場合- 2010年
2月
 社会系教科教育学会第21回研究大会、於兵庫教育大学、自由研究発表
48.「国際理解教育・開発教育の変遷と人権教育」 2009年
2月
(財)世界人権問題研究センター人権教育班研究会、於同センター
47.「学習単元『いくつもの北海道-北海道近代化遺産の学習を通して-』」(平成20年度文教協会研究助成金研究「世界の遺産から身近な生活文化遺産までを活用した社会系教材開発研究」代表:金子邦秀・同志社大学) 2009年
2月
社会系教科教育学会第20回研究大会、於兵庫教育大学、自由研究発表
46.「民主主義の社会形成原理および社会科の学習原理と関連させた時事問題学習の単元開発の枠組み」「社会参加の3類型」「シティズンシップの4つの位相」 2008年
10月
日本社会科教育学会第58回研究大会於滋賀大学教育学部、課題研究2「社会参加とシティズンシップ教育」(指定討論者としてコメント)
45.Citizenship Education for the Globalised and Japan’s Multiculturised Society? through the development of a simulation game learning material ? 2008年
7月
The 4th CITIZED International Conference, Researching Citizenship Education: Principles, Policies and Practice
Kings College, Cambridge,UK
44.「人権教育における参加型学習の課題-シミュレーション教材「ひょうたん島問題」を題材に-」 2008年
6月
(財)世界人権問題研究センター人権教育班研究会、於同センター
43.「日本におけるシティズンシップ教育の可能性-試行的実践の検証を通して-」 2008年
6月
日本国際理解教育学会第18回研究大会、於富山大学、自由研究発表
42. 「平和教育と国際理解教育」〔シンポジスト〕 2007年
11月
第8回韓国国際理解教育学会、於キョンサン大学、大会シンポジウム「国際理解教育の概念再考」
41.「日本における多文化共生の課題-ワークショップ『ひょうたん島問題』をとおして-」 2007年
11月
 第8回韓国国際理解教育学会、於キョンサン大学、自由研究発表
40.「自律的、それとも他律的転換?-国際理解教育の実践的課題?」〔シンポジスト〕 2007年
8月
日本国際理解教育学会第17回研究大会、於北海道教育大学、特定課題研究シンポジウム「転換期を迎える国際理解教育」
39.「イギリスのシティズンシップ教育と人権教育」 2007年
6月
(財)世界人権問題研究センター人権教育班研究会、於同センター
38.「国際理解教育・国際協力とみんぱくの文化資源」 2007年
1月
国立民族学博物館研究部共同研究プロジェクト「小・中学校、高等学校の国際理解教育の理論と実践に関する研究」研究会、於国立民族学博物館
37.「イギリスのシティズンシップ教育」 2006年
11月
同志社大学学校教育研究会第10回大会、於同志社大学
36.自由研究「時事問題学習の授業づくり-"Global Express"の活動事例を手がかりに-」 2006年
10月
日本社会科教育学会第56回大会、於秋田大学(○石川一喜・拓殖大学国際開発教育センター、藤原孝章)
35.「外国人児童生徒教育と教師−その役割と力量形成」(シンポジスト) 2006年
10月
東京学芸大学国際教育センター主催「第7回外国人児童生徒教育フォーラム」於津田ホール(東京都)
34.自由研究「イギリスの成人教育ESOLコースにおける「Skills for Life」カリキュラム」 2006年
7月
日本カリキュラム学会第17回大会、於奈良教育大学(○奥本香・ロンドン大学教育学研究所、藤原孝章)
33. 課題研究2「新しい科学知にもとづく社会科の挑戦(指定討論者) 2005年
10月
全国社会科教育学会第54回全国研究大会於広島大学大学院教育学研究科
32.自由研究「時事問題学習の現代的意義と単元開発の方略」 2005年
10月
全国社会科教育学会第54回全国研究大会於広島大学大学院教育学研究科
31.「グローバルシティズンシップと公共性」〔シンポジスト〕 2005年
9月
第13回日本グローバル教育学会全国研究大会、於目白大学、日本グローバル教育学会シンポジウム「グローバル・シチズンシップと新たな公共性ーグローバル教育の新展開―」
30. 学会ミニ・シンポジウ厶「国際理解教育と「総合学習」で身につく学力?学会科研費研究・国際理解教育のカリキュラム開発に関連してー」〔コーディネーター〕 2005年
6月
日本国際理解教育学会第15回研究大会、於玉川大学
29.「国際理解教育と教師のカリキュラム・デザイン力」(日中国際シンポジウム第一分科会) 2005年
4月
日本国際理解教育学会・北京師範大学国際教育研究所主催国際シンポジウム「日中両国の国際化に対応する教育と課題」第一分科会「国際化に対応した教育の理論的アプローチ」
28.学校・地域における市民性教育の実践(シンポジスト) 2005年
3月
東京学芸大学国際教育センター主催国際理解教育セミナー「国際理解教育の新機軸?多文化・地域・市民性」
27. Get Global! アクティブシチズンシップを育てる教育(シンポジスト) 2005年
1月
京都教育大学附属教育実践総合センター主催シンポジウム「英国のシティズンシップに学ぶ市民性の教育」
26.自由研究「アクティブシチズンシップを育てるグローバル教育-イギリス市民教育Get Global!の場合-」 2004年
11月
日本社会科教育学会第54回大会、、於愛知教育大学
25. 課題研究「地域から東アジアへ、東アジアから地域へ」の視点に立つ地域学習(指定討論者) 2004年
11月
日本社会科教育学会第54回大会、、於愛知教育大学
24. 自由研究「国際理解教育のカリキュラム開発の課題-教師のカリキュラム・デザイン力の向上をめざして-」 2004年
7月
日本カリキュラム学会第15回大会、於愛知教育大学
23.ミニ・シンポジウム「学会科研費研究の現状報告とこれからの課題」(コーディネーター) 2004年
6月
日本国際理解教育学会第14回大会、於京都ノートルダム女子大学

(富山大学在職中)
口頭発表 単/共 発表の年月 発表した学会
22.教師教育実践交流ワークショップ「総合学習と総合演習-教師の「総合」的指導力をどう育 てるか」(シンポジスト) 2003年
11月
東京学芸大学教員養成カリキュラム開発研究センター(於東京学芸大学)「第3回教師教育実践交流ワークショップ、
21.課題研究「地理教育において「文化衝突」の問題をどのように扱い、指導するか」(コーディネーター) 2003年
10月
全国社会科教育学会第52回全国研究大会於鳴門教育大学
20.日英国際教育セミナー「英国のCitizenship Educationが日本の国際理解教育・社会科教育に示唆するもの」(指定討論者) 2003年
9月
奈良教育大学・全国社会科教育学会主催日英国際教育セミナー、於奈良教育大学
19.国際シンポジウム「アジア・太平洋のグローバリズムと持続可能な開発のための教育」(シンポジスト)
2003年

7月
立教大学主催(開発教育協会主催第21回開発教育全国研究集会の公開シンポジウムも兼ねる)、於立教大学
18.「多文化社会学習教材「ハワイすごろく」-「総合的な学習の時間」の学習プログラム開発の1つとして-」(ポスターセッション) 2003年
6月
日本国際理解教育学会第13回大会、於桜美林大学
17.公開シンポジウム「グローバル教育のアイデンティティと可能性」(コメンテーター) 2002年
9月
日本グローバル教育学会第10回全国研究大会、於同志社大学
16.自由研究「国際理解教育に於ける平和学習のあり方について-アメリカ合衆国の教授書授業事例の分析を通して-」 2002年
6月
日本国際理解教育学会第12回大会、於広島大学
15.企画セッションC3:授業と教材研究部会「シミュレーション教材『ひょうたん島問題』のプレゼンテーション」 2001年
10月
日本シミュレーション&ゲーミング学会第13回全国大会、於北陸先端科学技術大学院大学
14.自由研究「グローバル教育のカリキュラムに関する一考察-Global Issues に関する教授書分析-」
2001年
10月
2001年度第50回全国社会科教育学会、於広島大学大学院教育学研究科
13.特定課題研究『地球時代における「国」と人々-授業づくりの課題-』(コーディネーター) 2001年
6月
日本国際理解教育学会第11回大会、於筑波大学
12.自由研究「総合的な学習の時間」における国際理解単元の設定をめぐる課題-ウエビングによるテーマ設定を中心に-」 2000年
10月
2000年度第49回全国社会科教育学大会、於長崎大学
11.自由研究「多文化学習のためのシミュレーション教材の有効性?学習教材「ひょうたん島問題」のCD-ROM化と実施実験を通して- 2000年
10月
2000年度第49回全国社会科教育学大会、於長崎大学
10.課題研究@「総合的学習と社会科の関連」(課題提起:高校における「総合的な学習の時間」の単元構想 2000年
10月
2000年度第50回日本社会科教育学会、於筑波大学
9.特定課題研究『地球時代における「国」と人々-国際理解教育における新たな視点からの「国」の学習について-』課題提起4「国際理解教育における「国」の取り上げ方について」 2000年
6月
日本国際理解教育学会第10回大会、於奈良教育大学
8.自由研究「難民問題を考える社会科の授業方略-単元開発のための教材理解と授業づくりの視点について-」 1999年
10月
1999年度第48回全国社会科教育学会、於島根大学

(報徳学園中学校・高等学校在職中)
口頭発表 単/共 発表の年月 発表した学会
7.課題研究 D「グローバル学習の教材開発-「港」を素材として」
「単元『国際空港-モノに国境なし、人に国境あり』の提案-「港」を素材にした「グローバル意識」「グローバル相互依存」の認識を育てるための教材開発」
1998年
10月
1998年度社会科教育学全国大会,第48回日本社会科教育学会・第47回全国社会科教育学会合同研究大会、於広島大学
6.自由研究「多文化 ・共生のジレンマ-シミュレーション教材「ひょうたん島問題」の作成を中心に」 1996年
9月
1996年度社会科教育学全国大会、第46回日本社会科教育学会・第45回全国社会科教育学会合同研究大会,於茨城大学
5.自由研究「グローバル ・ネットワークに関する授業構想と視点について」 1996年
6月
日本国際理解教育学会第6回研究大会、於帝塚山学院大学
4.自由研究「国際理解教育の多様化に関する一考察-統合のための理論的視点をめぐって」
1994年
10月
1994年度社会科教育学全国大会,第44回日本社会科教育学会・第43回全国社会科教育学会合同研究大会,於京都教育大学
3.自由研究「グローバル教育と「『開発のための教育』について-『開発のための教育・ユニセフによる地球学習の手引き』に見る概念と実践事例をめぐって」 1994年
9月
1994年日本グローバル教育研究会全国大会、於愛知教育大学
2.自由研究「グローバル教育の学習内容とその実践事例について」 1993年
9月
第3回教育文化学会、於同志社大学
1.課題研究F「グローバル時代における地理歴史科、公民科の実践課題を探る」「『国際理解』科目の内容と構成につい?高校国際コースにおける『グローバル・スタディーズ』の実践を踏まえて」 1992年
9月
1992年度社会科教育学全国大会,第42回日本社会科教育学会・第41回全国社会科教育学会合同研究大会、於愛知教育大学